HIV検査の実体験

HIV感染について

HIV感染による症状

HIVの検査

風俗とHIV感染

普通の性行為でHIV感染

性病とHIV感染

HIVノイローゼ

HIV陽性だった場合

HIV感染後の治療方法

決まった時間に決まった薬を飲み続ける

基本的には通院して薬をもらって毎日決まった時間に飲み続けます。この薬は抗HIV薬で、飲み続けていればHIVウイルスを抑えることができるものです。数種類を組み合わせて飲む(HAART療法)ことでHIVウイルスを検知限界値まで押さえつけることでエイズの発症を抑制します。

要するにHIVウイルスが活発に動けないようにして増えないようにすれば良いのです。この治療によってエイズの発症をかなり遅らせることができるため、ほぼ健常者と同じ生活ができるようになっています。

今や辛い治療で何とか生き延びている、なんてことはない

辛い治療や投薬などが色々とイメージされやすいですが、最近では副作用も軽減され、しかも薬のHIVを抑える働きが高まっているため、すごく極端に言えばサプリメントを飲むようにして治療できるのが特徴で、HIVキャリアの人たちも昔のような大変な治療とは違う世界に変わってきています。

未だにHIVの完治・根治はできませんが、このようにしてHIV自体を抑えてしまえば、今後症例が出てくると思いますが、寿命まで生きていくことも可能であると考えられています。 ですから治療は一生続ける必要がありますが、一生続ければ天珠を全うできるような治療方法にまで発達してきているということです。

もうすぐに死んでしまう病気ではないことは間違いありません。

薬を飲みつつ、ウイルス量を減らして免疫力を高める

基本的にエイズを発症させるのは免疫力が低下して限界値を下回った時、小さな風邪などに感染してしまったことでエイズが発症したということになります。ですからHIVウイルスに感染したらなんとかして免疫力を維持する必要があります。

HIVウイルスはどんどん免疫を破壊するため、HIVウイルスを押さえ込めばあとは免疫力を上げていくだけでエイズ発症はほぼ抑えるられるのです。

基本的には毎日決まった時間に飲む抗HIV薬によってHIVウイルスを減らし続け、定期検診でウイルス量と免疫力の数値を検査して体調管理と投薬の管理をしていきます。当然免疫力は低下していたり体調不良や加齢もありますから、ずっと同じことをしていて大丈夫ということもなく、しっかりとした定期健診をしてもらうことが重要です。

それ以外は普通の人とほぼ変わらない生活ができます。

HIVは1日でも早い発見がその後の治療を左右します。すぐ自宅で検査を。

性病検査STDチェッカー タイプJ(男女共通) 4,968円
HIVのみ検査したい方向けの格安検査キット。男女共通で使えるため一番利用されています。他の性病はいいから今すぐHIVの検査を受けたいという方にお薦めです。

性病検査STDチェッカー タイプE(男性用) 9,936円
男性向けのHIVを含む代表的な性病5項目検査。
【尿検査】クラミジア、淋菌、
【血液検査】HIV(エイズ)、梅毒、B型肝炎

性病検査STDチェッカー タイプE(女性用) 9,936円
女性向けのHIVを含む代表的な性病5項目検査。
【膣分泌液】クラミジア、淋菌、
【血液検査】HIV(エイズ)、梅毒、B型肝炎。