HIV検査の実体験

HIV感染について

HIV感染による症状

HIVの検査

風俗とHIV感染

普通の性行為でHIV感染

性病とHIV感染

HIVノイローゼ

HIV陽性だった場合

プリンスはHIV感染しエイズによって死亡した可能性

2016年4月に歌手のプリンスが死亡しました。体重が落ち、鎮痛剤を手にしたままなくなっていたそうです。最初はインフルエンザで死亡したと伝えられましたが、結果的にHIV感染していたことがわかり、エイズ関連死している可能性が非常高くなりました。

プリンスは90年代にHIV感染

90年代、HIV感染が広がっていた時代、プリンスも感染がわかったそうです。

死亡したときのプリンスの血球数が異常に少なく、また低体温になっていたことも証言しています。

実際にプリンスはHIVの薬を飲まなかったようです。当然体調は悪くなって、免疫力は下がり、エイズ関連の病気で死んでしまいます。

エホバの証人に入っていた

プリンスはエホバの証人に入ったらしく、そこでHIVの治療はしなくても死なないという考えを持ったようです。体調が悪くなってしまってもこの状態を続けることでやはり57歳という若さで亡くなってしまうのです。

HIV感染がわかってから20年程度が経過しているでしょうか。途中まではもしかするとHIVの薬を飲んでいたのかもしれません。

また免疫療法や食事療法もやっていたかもしれません。

HIVによる体の痛みで鎮痛剤の中毒になっていた

プリンスはHIVの薬を飲まなかったことで恐らく色々な病気や体調不良が続いていたと想像できます。その中でも体の痛みが激しく遅い、それを緩和するための痛み止めを常に持っていたようで、プリンスが晩年が鎮痛剤の中毒になっていたこともわかっています。

死亡したときも鎮痛剤を持っていたということですから、相当の痛みがあったこと、また、それ以上に鎮痛剤の依存が進んでいたと考えられます。

死亡する6日前にはライブまで行っていた

信じられないのは、HIVに感染し治療を指定なかったのにもかかわらず、6日前にはアトランタでライブをしていたということです。

本当にHIVの症状が進んでいたのか、鎮痛剤の効果なのか、それともHIV関連死ではないのか、真相はわかっていません。検死の結果は暴力などによる外傷はなかったことだけはわかっています。

プリンスは死を考えていた

プリンスは生前、もう自分は死が近いということがわかっていたようで、自分の身辺整理をしていたようです。鎮痛剤の使いすぎをわかっていたのか、HIV感染について考えていたのか・・・。

葬儀についてもすでに計画していたそうです。

HIVは1日でも早い発見がその後の治療を左右します。すぐ自宅で検査を。

性病検査STDチェッカー タイプJ(男女共通) 4,968円
HIVのみ検査したい方向けの格安検査キット。男女共通で使えるため一番利用されています。他の性病はいいから今すぐHIVの検査を受けたいという方にお薦めです。

性病検査STDチェッカー タイプE(男性用) 9,936円
男性向けのHIVを含む代表的な性病5項目検査。
【尿検査】クラミジア、淋菌、
【血液検査】HIV(エイズ)、梅毒、B型肝炎

性病検査STDチェッカー タイプE(女性用) 9,936円
女性向けのHIVを含む代表的な性病5項目検査。
【膣分泌液】クラミジア、淋菌、
【血液検査】HIV(エイズ)、梅毒、B型肝炎。