HIV検査の実体験

HIV感染について

HIV感染による症状

HIVの検査

風俗とHIV感染

普通の性行為でHIV感染

性病とHIV感染

HIVノイローゼ

HIV陽性だった場合

タイのHIV感染者が多い理由

 

売春文化が軽いタイ

タイではゴーゴーバーや立ちんぼなどの売春から、一般女性が小遣い稼ぎに個人売春していること、またゲイのハードルも低く、彼らも売春していることなどから、性行為によるHIV感染が爆発的に増えています。 タイの人口は多くないのですが、その少ない人口の中でHIV感染者の割合が非常高く世界的に見てもHIVに関して言えば非常に危険で特殊な国とされていました。

タイで初めてHIV感染した男性はゲイだった

最初にタイでHIV感染したのはアメリカから帰国したタイ人男性でゲイだったと言われています。 彼が他のゲイとの性交渉を行い、さらに注射針による感染によって爆発的にHIVが広がりました。 さらにそれが売春婦にまで広がったことで、1993年ころは売春婦の4人に1人がHIV感染していると言われていました。

というのも、タイの場合はゴーゴーバーなどの手軽に入れる店から売春が始まったり、普通の女の子がナンパで個人売春をしているなど、HIV感染の裾野が広いのです。 これによって客にも広がって、タイ全土で一気にHIV感染が広がります。 同様に海外からタイに遊びに来た観光客にもHIVが感染、日本でもタイから帰国した男性が風俗で風俗嬢に対してHIV感染させたと思われることが怒ったそうです。

コンドームによるHIV予防啓蒙が功を奏したが・・・

タイでこの状況はマズイと思った政治家によってコンドームの啓発が行われ、ピーク時よりもHIV感染者が減ったと言われていますが、依然として10代のコンドーム着用率が低下、 妊娠も10代で多くなっていて同時にHIV感染も10代にまで広がっています。売春婦についてはコンドーム着用が多くなっていますが、素人同士でHIV感染は防げていないようです。

またゲイ・コミュニティーなどもあり、そこでHIV感染が未だにひろがっているという現実もあるので、日本とさほど変わらないと言っても良いかもしれません。 結局予防方法はあってもそれをしないという人がセックスの上では圧倒的に多いということです。

日本人観光客とタイの性風俗

タイと言えば売春というイメージが日本でも多いと思いますし、実際に性産業がかなり活発でありオープンになっている以上、今後もHIV感染はタイ内外でずっと続くはずです。

コンドームを着用していたとしてもタイで売春婦相手にセックスしてしまったという人はHIV感染が非常に怖いと思います。そして感染確率としては高めと言わざるをえないでしょう。

ただしHIV感染しているかどうかは検査でしかわかりません。またコンドームを着用していれば基本的にHIV感染は起こりません。 不安感が募ってエイズノイローゼになってしまう人もかなり多いので、できるだけ早く検査して安心を手に入れたほうが良いでしょう。 また、HIV感染がわかって早期発見で治療を開始すると予後もよいのでお薦めです。

HIVは1日でも早い発見がその後の治療を左右します。すぐ自宅で検査を。

性病検査STDチェッカー タイプJ(男女共通) 4,968円
HIVのみ検査したい方向けの格安検査キット。男女共通で使えるため一番利用されています。他の性病はいいから今すぐHIVの検査を受けたいという方にお薦めです。

性病検査STDチェッカー タイプE(男性用) 9,936円
男性向けのHIVを含む代表的な性病5項目検査。
【尿検査】クラミジア、淋菌、
【血液検査】HIV(エイズ)、梅毒、B型肝炎

性病検査STDチェッカー タイプE(女性用) 9,936円
女性向けのHIVを含む代表的な性病5項目検査。
【膣分泌液】クラミジア、淋菌、
【血液検査】HIV(エイズ)、梅毒、B型肝炎。