HIV検査の実体験

HIV感染について

HIV感染による症状

HIVの検査

風俗とHIV感染

普通の性行為でHIV感染

性病とHIV感染

HIVノイローゼ

HIV陽性だった場合

HIV感染予防薬・ワクチン

HIV感染予防薬の研究が日々行われている

HIVウイルスに感染しないようにするための薬などが日々研究されています。そんなことよりもエイズ発症をさせずHIVウイルスを体内から取り除く方法を確立して欲しいという声が多そうですが、それは感染確率がまだ低い日本などで考えられることであって、かなり感染が蔓延している地域ではまず感染予防ができてしまえばあとは収束に繋がるため、まず感染拡大を予防できる、HIV感染予防対策というのもとても重要なんですね。

そして最近はHIV感染を防ぐための薬やコンドームに薬剤をつけて感染確率をさげるものまで考えられるようになりました。

しかし結論を言えば、生で挿入をしたとしてもお互いにHIV感染しないようにするワクチンが必要です。HIV感染率が非常高い地域では一夫多妻制や犯罪などによってどんどんHIVが広がっています。

隣の人がHIV感染者である、ということが普通に起こり得るのです。

HIV収束のためには予防ワクチンが必須

先進国でみセックスによってHIV感染が広がっていて、それ以外はとても少ないのが現状です。セックスはやめられないので、予防ワクチンが開発されることで安心してセックスが出来るようになるでしょう。

薬を飲めばHIVを90%予防できるPrEP

PrEP(pre-exposure prophylaxis)というHIV予防の方法をしっていますか?これはすでにアメリカで保険適用されるHIV予防薬として認可されてゲイ・コミュニティーの中で浸透しているHIVの暴露前予防のことです。

以前からHIVを抑える薬を飲むことで、もし生でセックスをしてしまい、HIVが体内に入ってきても、その予防薬の働きによって撃退してくれるというもので、その感染予防率は90%と高確率です。

が、100%完璧にHIVを予防できるものではありませんし、副作用もありますし毎日服用する必要があります。 ちなみに保険適用前の価格は130万円ほどです。 これが保険適用で使えるということで広まっているのです。

ゲイによく使われるHIV予防薬

このPrEPはHIV予防としての効果をかなり発揮できるため、ゲイの間では浸透し始めてます。日本ではまだ利用されていない人のほうが多いでしょう。現在、フランスとカナダでもその効果を確かめる実験をゲイ・コミュニティーで確認したということで、逆に怖い実験であるとは思いますがPrEPの効果がかなり高いということが証明されてきています。

PrEPを使っていてもHIV感染するし完全な安全はない

しかしPrEPをしていればHIV感染しないから安全というのは間違いで、生でしてしまえば梅毒感染はするし、クラミジア、淋病などに感染してしまいます。というよりもHIV感染率はたった1%以下ですがクラミジアは30%以上の確率で感染しますし、梅毒や淋病も同じです。

生ですれば性病感染の確率が非常に高いということです。本来のHIV感染率の何十倍も高い感染率のものが数回の生セックスで感染しまくるということを意味していると言っても過言ではありません。

コンドームと併用することでゲイコミュニティーでも予防薬の機能を果たせる

PrEPを使う目的としてはやはり感染確率が高いMSMのコミュニティーで使うこと、PrEPを使う場合は生ではなくコンドームをつけてさらに感染を予防し、コンドームが敗れた時に戦える状態にする予防薬、最後の砦としてPrEPを位置づけて考えることが重要です。

PrEPをしていれば大丈夫という考え方ではますますHIV感染を広げます。PrEPの効果は通常生セックスで感染するHIV感染率の10倍の確率で失敗するからです。 PrEPはHIV感染を広めない予防薬として非常に有効ですが、コンドームを使わなくても良いという判断にはならず、もしPrEPを行っていて、だから大丈夫と生でセックスしてしまった人はできるだけはやくHIV検査と性病検査を受けておきましょう。

本来は感染させない、するようなことはしない、というスタンスが大事

100%HIVを予防できるワクチンがない現在、どうやっても感染してしまう可能性があるため、セックスのときはフェラのときからコンドームをつけて、セーフセックスを心がけましょう。基本的に今のHIV予防対策というのはコンドームを使うことです。たったこれだけでほぼ100%HIVを予防することができます。

HIV予防ワクチンの開発には時間がかかる

HIV感染が広がって30年ほど経過した現在、未だに予防ワクチンすら作れない科学技術を考えると、予防できる病気なのに予防が完璧ではない人間の動物としての本能が怖くなりますよね。

ゲイであろうが風俗利用者であろうが、風俗産業従事者であろうが、何にしてもHIV感染予防は可能です。生でやってもHIVに感染しない予防薬を作ろうというのは絶対必須ではありますが、本能のままやりまくれる予防ワクチンではないことを頭に入れて、自分で予防していくスタンスはいつまでも崩さないようにしましょう。

また、もし不安なことがあればすぐに検査するように心がけることも重要です。

HIVは1日でも早い発見がその後の治療を左右します。すぐ自宅で検査を。

性病検査STDチェッカー タイプJ(男女共通) 4,968円
HIVのみ検査したい方向けの格安検査キット。男女共通で使えるため一番利用されています。他の性病はいいから今すぐHIVの検査を受けたいという方にお薦めです。

性病検査STDチェッカー タイプE(男性用) 9,936円
男性向けのHIVを含む代表的な性病5項目検査。
【尿検査】クラミジア、淋菌、
【血液検査】HIV(エイズ)、梅毒、B型肝炎

性病検査STDチェッカー タイプE(女性用) 9,936円
女性向けのHIVを含む代表的な性病5項目検査。
【膣分泌液】クラミジア、淋菌、
【血液検査】HIV(エイズ)、梅毒、B型肝炎。