HIV検査の実体験

HIV感染について

HIV感染による症状

HIVの検査

風俗とHIV感染

普通の性行為でHIV感染

性病とHIV感染

HIVノイローゼ

HIV陽性だった場合

2015年は異性間HIV感染が増えた

2015年は同性間感染は減り、異性間感染が98件増えた

厚生労働省エイズ動向委員会の発表で、年間1500人がHIV感染・エイズ発症していると発表。累計で25000人を超えました。

その中でほとんどがゲイ同士の性的接触によるHIV感染が多かったものの2015年は減り、逆に同性間接触によるHIV感染がなんと98人も増えていたというのです。

現在は注射針の打ち回しなどはほとんどなく、セックスによる感染がやはりほとんどです。その中で異性間のセックスでHIV感染が増えているということです。これが風俗を介しているのか不明。

女性の感染者の半分が外国人

2015年の女性の感染者は38人、そのうち20人が外国人でした。外国籍の女性がそのままもってきて感染が発覚ということもあり得ます。

女性の場合は普通HIV検査をしないことが多く、妊娠したときに発覚する場合もあるためこの人数はかなの多いと思われます。特に風俗上がりで妊娠したときに発覚ということも可能性としては低くないでしょう。

HIV感染は同性愛者のものではない

同性愛者によるHIV感染は依然としてかなり多いことは間違いありませんが、コンドーム着用が当たり前になってきているため今後は徐々に減っていくでしょう。今発覚しているのは数年前に感染し、エイズ発症している人やたまたま検査でひっかかった人たちであり、現時点で新規感染している同性愛者は徐々に減りつつあると思います。

今後は異性間のセックスによる感染です。生セックスによって感染する可能性はたった1%程度ですがこれだけ感染している女性がいることを考えれば異性間接触の男性も感染確率は低くないと思ったほうが良いでしょう。

風俗に行くときは必ずコンドームを着用する必要があります。スマタでもそうです。

HIVは1日でも早い発見がその後の治療を左右します。すぐ自宅で検査を。

性病検査STDチェッカー タイプJ(男女共通) 4,968円
HIVのみ検査したい方向けの格安検査キット。男女共通で使えるため一番利用されています。他の性病はいいから今すぐHIVの検査を受けたいという方にお薦めです。

性病検査STDチェッカー タイプE(男性用) 9,936円
男性向けのHIVを含む代表的な性病5項目検査。
【尿検査】クラミジア、淋菌、
【血液検査】HIV(エイズ)、梅毒、B型肝炎

性病検査STDチェッカー タイプE(女性用) 9,936円
女性向けのHIVを含む代表的な性病5項目検査。
【膣分泌液】クラミジア、淋菌、
【血液検査】HIV(エイズ)、梅毒、B型肝炎。