HIV検査の実体験

HIV感染について

HIV感染による症状

HIVの検査

風俗とHIV感染

普通の性行為でHIV感染

性病とHIV感染

HIVノイローゼ

HIV陽性だった場合

HIV感染と出産リスク

母子感染のリスクは少なくなりつつある

結論を言えば、現在は妊娠と出産はHIV感染していても母子感染の確率がとても低い状態で生むことが可能です。 妊娠中は母親と赤ちゃんの血液が交換されるような混ざり合うことはないので感染はないと言えます。

出産に関して言えば経膣分娩でも帝王切開でも膣分泌液と血液が出てしまうため感染リスクは当然あります。 ただし今までは帝王切開がリスクが低いとされていて、現在でもHIV感染の母親から出産するときは帝王切開が多く用いられます。

体内のHIVウイルスを減らしておくことで経膣分娩も可能

しかしHIVウイルスの量自体を減らしていれば、経膣分娩でも帝王切開でもリスクがほぼ変わらないということがわかっています。要はHIVウイルス量が少ないから感染確率も低くなっているということです。

今までは経膣分娩の場合20%も感染確率がありましたが、薬が開発されていくに従って2%まで下がっています。 基本的には普通分娩でもHIVの母子感染の確率はかなり下がっているということです。また帝王切開よりも安全というデータもあるそうです。

妊娠中の抗HIV薬について

妊娠中の投薬についてですが普通に行います。ウイルスを減らしていくので、当然赤ちゃんへの感染確率も減りますし、当然薬が胎盤から赤ちゃんまで届きますので、赤ちゃん本人のHIVウイルスへの抵抗力も高まった状態が作られます。

逆に言えばHIV感染しているのにもかかわらず、適切な治療をしないまま出産してしまうと、かなりHIV感染確率が上がってしまうということです。だから妊娠したときに妊婦がHIV検査を受ける必要があるのです。

HIVは1日でも早い発見がその後の治療を左右します。すぐ自宅で検査を。

性病検査STDチェッカー タイプJ(男女共通) 4,968円
HIVのみ検査したい方向けの格安検査キット。男女共通で使えるため一番利用されています。他の性病はいいから今すぐHIVの検査を受けたいという方にお薦めです。

性病検査STDチェッカー タイプE(男性用) 9,936円
男性向けのHIVを含む代表的な性病5項目検査。
【尿検査】クラミジア、淋菌、
【血液検査】HIV(エイズ)、梅毒、B型肝炎

性病検査STDチェッカー タイプE(女性用) 9,936円
女性向けのHIVを含む代表的な性病5項目検査。
【膣分泌液】クラミジア、淋菌、
【血液検査】HIV(エイズ)、梅毒、B型肝炎。