HIV検査の実体験

HIV感染について

HIV感染による症状

HIVの検査

風俗とHIV感染

普通の性行為でHIV感染

性病とHIV感染

HIVノイローゼ

HIV陽性だった場合

HIV感染からエイズ発症までの流れ

1.HIV感染

まずは一般的な生セックスをした日です。この次点で体内にHIVウイルスが侵入します。最近はほとんどありませんが、輸血による感染や注射針の回し打ちなどをしたときの感染も同様です。この観戦日から数日以内にインフルエンザの症状が出てもそれはHIVの初期症状ではありません。
そんなに早く症状はでないからです。

2.感染初期

HIVウイルスが体内で広がっていきます。3週間程度すると体の免疫機能がHIVウイルスに対抗すべく激しく戦い始めます。この時にインフルエンザのような高熱が出たり風邪の症状が出ます。
94%の人に光熱などの症状が出ますが、たまに無症状で過ぎてしまうこともあり、自分で気づかないので一番危険でもあります。

3.無症候期

HIVウイルスと免疫が戦いますが、免疫が負けて、HIVウイルスに制圧されてしまいます。そうするともう戦うことがなくなり、初期症状は収まります。また、他にも特にHIVウイルスが引き起こす症状などはありません。

この期間は何も起きませんが、体内では毎日100億個のHIVウイルスが増え続けています。この期間は数年から10年と幅があり人それぞれで、潜伏期間と呼ばれています。この期間に生セックスをすれば相手に感染します。

4.エイズ発症

免疫力がHIVウイルスによって低下し、さらにHIVウイルスが多くなると、風邪ウイルスなどに感染しやすくなりさらには治りにくくなります。これは免疫が少なすぎるからです。そしてこのような症状が起きてエイズが発症となります。

またHIV感染がわかったときには30%の人がすでにエイズを発症したあとという恐ろしいデータが出ています。今まで気づかずに来て、体調が優れなくなって検査したらエイズが既に発症していたということです。

基本的に早期発見で治療は楽になります。HIV感染に不安なことがあればすぐにHIV検査をしてみましょう。

HIVは1日でも早い発見がその後の治療を左右します。すぐ自宅で検査を。

性病検査STDチェッカー タイプJ(男女共通) 4,968円
HIVのみ検査したい方向けの格安検査キット。男女共通で使えるため一番利用されています。他の性病はいいから今すぐHIVの検査を受けたいという方にお薦めです。

性病検査STDチェッカー タイプE(男性用) 9,936円
男性向けのHIVを含む代表的な性病5項目検査。
【尿検査】クラミジア、淋菌、
【血液検査】HIV(エイズ)、梅毒、B型肝炎

性病検査STDチェッカー タイプE(女性用) 9,936円
女性向けのHIVを含む代表的な性病5項目検査。
【膣分泌液】クラミジア、淋菌、
【血液検査】HIV(エイズ)、梅毒、B型肝炎。