HIV検査の実体験

HIV感染について

HIV感染による症状

HIVの検査

風俗とHIV感染

普通の性行為でHIV感染

性病とHIV感染

HIVノイローゼ

HIV陽性だった場合

HIV検査をすぐ受けたほうが良い理由

自分がもしかしたらHIVかもしれない・・・と思ったらすぐ検査

HIV検査は基本的に何か観戦の疑いがある日から3ヶ月経過することで確実な判断ができるようになりますが、できるだけ早い検査も必要だと思うようになりました。

というのも、3ヶ月という期間はHIVウイルスに対する抗体ができあがる時期で、その抗体があるかどうかを調べることでHIV感染を調べます。 最近では抗体ではなくてHIVウイルス自体を血液から拡大して調べる検査があり、これであれば2週間程度の時間経過でほぼ確実な検査結果で出ます。

この場合も確実な検査結果を出すために3ヶ月後の普通の検査も受けるように勧められます。 しかしそれでもとりあえず早くHIVの検査を受けたほうが良いというのは、精神的な安定と自分の大切な人をいち早く守るためです。もしHIV感染を知らないまま性行為をしてしまうとパートナーにHIVを移してしまう可能性があります。

HIVはエイズ発症を抑えて死なない病気になりつつある

現在はHIVは完治はしないですがエイズ発症をかなり抑えこむことができるため、共存できる病気に夏てきていますが、だとしてもHIV感染後は少しは今までと違う制約が出てきます。生活がかわり、人生も変わってしまう可能性を持った病気ですし、自分の過ちでHIVに感染してしまっている可能性があるという疑念がある限り、毎日生きた心地がしないと思います。

まずはすぐにHIV検査を受けるようにしましょう。それからまた気になることが最近あれば、日にちをずらしてまた検査を受ければ良いだけです。 私も怖くなって夜9時過ぎに病院に駆け込んだことがあります。当然ですがHIV感染のときに現れる症状があったことを思い出したからです。

そうなるともういてもたっても要られません。 また、HIV感染したとしても、インフルエンザのような症状が出ない場合もあります。こうなるともう検査しないと感染しているかどうかわからないですよね。 不安になるとちょっとしたことがHIV感染によって出た症状ではないかと疑い始めて、パートナーや家族にも話すことができなくなってしまうでしょう。

エイズが発症してからでは遅い

HIV感染を知った時には既にエイズが発症しているということが多々あります。全体の3割はエイズ発症後にHIV感染が発覚しているそうです。そうなると一般的な薬ではなく治療は大変になるようで、何よりもまずすぐにHIVの検査をしておく必要があります。

だからこそ早く検査結果を聞いて、現実を見ることが重要なのです。

HIVは1日でも早い発見がその後の治療を左右します。すぐ自宅で検査を。

性病検査STDチェッカー タイプJ(男女共通) 4,968円
HIVのみ検査したい方向けの格安検査キット。男女共通で使えるため一番利用されています。他の性病はいいから今すぐHIVの検査を受けたいという方にお薦めです。

性病検査STDチェッカー タイプE(男性用) 9,936円
男性向けのHIVを含む代表的な性病5項目検査。
【尿検査】クラミジア、淋菌、
【血液検査】HIV(エイズ)、梅毒、B型肝炎

性病検査STDチェッカー タイプE(女性用) 9,936円
女性向けのHIVを含む代表的な性病5項目検査。
【膣分泌液】クラミジア、淋菌、
【血液検査】HIV(エイズ)、梅毒、B型肝炎。