HIV検査の実体験

HIV感染について

HIV感染による症状

HIVの検査

風俗とHIV感染

普通の性行為でHIV感染

性病とHIV感染

HIVノイローゼ

HIV陽性だった場合

クンニでHIV感染する

マン汁にHIVウイルスがいるからクンニでHIV感染する

HIVウイルスがいるのは、血液、精液、膣分泌液です。クンニをするということは、この膣分泌液を舐めるということですから、HIVウイルスがはいる体液を自分の口の粘膜につけているということになります。

よって、クンニからHIV感染する確率が少なからずあるということです。男性の場合は風俗などで生フェラされることが多いと思います。この場合は相手に対して自分の精液やカウパー腺液がHIV感染の原因になってしまいますが、クンニはその真逆と思ってください。

特に風俗でクンニをした場合は、相手の女性がHIV感染している可能性もあるため気をつけてください。逆に女性の場合はクンニをされてもそこまでHIV感染を気にする必要はありません。

クンニしたときに虫歯、歯槽膿漏、口内炎がある場合まHIV感染

生クンニをした場合、口の中は粘膜なのでここにマン汁が入る時点でHIV感染の確率はゼロではなくなります。口の中は常に傷があり、そこからもHIVウイルスが入り込む可能性があります。要するにクンニをしたらHIV感染確率自体は低いもののゼロではないということを肝に銘じたほうがよいでしょう。

特に虫歯や歯槽膿漏は成人であれば誰もが持っているようなものです。また風俗で歯ブラシでゴシゴシ磨いていれば当然傷ができているので危険度は増すでしょう。膣分泌液がクンニによって口の中に入った時点でHIV感染の可能性が出てくると思ってください。

風俗でもナンパでもクンニはしない

自分が生フェラされといて相手にクンニをしないというのも失礼な話だ、と思ってしまう人もいると思いますしクンニがしたくなってしまう人も多いと思いますが、HIV感染を考えたらクンニはしないようにしましょう。指のささくれ程度に膣分泌液が触れたとしてもHIV感染はほぼしないと思いますが、口腔粘膜に膣分泌液がつくのはあまりよくありません。

特に不特定多数の人と性交渉を持つ風俗でクンニきかなり危険行為です。性感染症を喉に貰うこともあるでしょう。またナンパで簡単についてくるような女の子にもクンニはしないようにしましょう。

簡潔に言えば、HIV感染しているかどうか不明な相手にクンニはするな、ということです。

どうしてもクンニがしたい場合は

どうしてもクンニがしたい場合は、デンタルダムというクンニ専用のコンドームのようなものを使って舐めるか、もしくはコンドームを切り開いてそれをカバーにしてコンドームの上からクンニすることです。

これによって膣分泌液を直接舐めることにはならないのでHIV感染の可能性はこのクンニの場合で言えばゼロです。

クンニしてしまったら

まずはすぐに口を濯ぐことです。これだけでもHIVウイルスが混ざった膣分泌液を口の中から減らすことが出来ます。歯磨きもしたほうが良いと思われがちですが、歯磨きによって口の中が切れることがあるのでオススメしません。

HIVウイルスは非常に弱いので、口をゆすぐだけでも感染力が失われると言われています。しかし風俗でクンニをしたあとに口を濯いだりナンパのときもそんなことは雰囲気が壊れるからできない、という方が多いでしょう。

しかしそもそもHIV感染を考えたら生クンニはすべきではないのです。だから生でクンニをした場合、特に長時間クンニをし続けた場合は一度HIV検査を受けたほうが良いでしょう。

余程運が悪くないかぎりはクンニでHIV感染することはないと思いますが、最悪の場合、相手がHIV感染初期で爆発的な感染力を持っていた場合、そしてクンニの前の歯磨きやイソジンうがいで口腔内が傷ついていたり口内炎ができていたり歯槽膿漏や虫歯の場合、HIV感染率はゼロではないので感染する可能性があると思ってHIV検査を受けましょう・

HIVは1日でも早い発見がその後の治療を左右します。すぐ自宅で検査を。

性病検査STDチェッカー タイプJ(男女共通) 4,968円
HIVのみ検査したい方向けの格安検査キット。男女共通で使えるため一番利用されています。他の性病はいいから今すぐHIVの検査を受けたいという方にお薦めです。

性病検査STDチェッカー タイプE(男性用) 9,936円
男性向けのHIVを含む代表的な性病5項目検査。
【尿検査】クラミジア、淋菌、
【血液検査】HIV(エイズ)、梅毒、B型肝炎

性病検査STDチェッカー タイプE(女性用) 9,936円
女性向けのHIVを含む代表的な性病5項目検査。
【膣分泌液】クラミジア、淋菌、
【血液検査】HIV(エイズ)、梅毒、B型肝炎。