HIV検査の実体験

HIV感染について

HIV感染による症状

HIVの検査

風俗とHIV感染

普通の性行為でHIV感染

性病とHIV感染

HIVノイローゼ

HIV陽性だった場合

放尿プレイでHIV感染する確率

尿に含まれるHIVウイルス

HIVウイルスが含まれる体液は、血液、精液、膣分泌液、腸内液、母乳です。尿にはHIVウイルスが感染するだけの量が含まれることはありません。

また、緊急時には飲尿をしてでも水分補給すべきことはもう誰もが知っていることですが、それは放尿されるまではキレイな状態であるからで、尿は体内から出た時に臭いが発生したり雑菌が繁殖することがわかっています。

それだけ尿内にはHIVを含むほかの細菌もないことになります。

性病感染、尿道に傷がある場合は感染確率が出てくる

尿自体にはHIVウイルスが含まれることはほぼないため感染確率はゼロと言ってよいでしょう。もし風俗で放尿プレイがある場合は特に心配する必要はありません。

しかし性病に感染していて尿道から出血がある場合や尿道自体に傷があったり、生理などの出血が尿についてしまう場合はHIVウイルスが含まれた血液が尿に混ざるためHIV感染の確率が出てきます。

結論から言えば、目で見て血液と分からない程度であれば尿に含まれた血液から介するHIV感染はほぼ気にしなくて良いレベルであると言えます。

血尿が出ている場合はHIV感染の可能性あり

最も怖いのは血尿です。血尿の場合は尿道などから多くの血液が尿に混ざって出てくるため、ここにHIVウイルスが混ざっている可能性が非常に高いです。

もし血尿プレイをしたことがあればまずHIV検査をしたほうがよいでしょう。まずそんな人はいないと思いますが。

また放尿プレイで飲尿する場合やかけられる場合、こちらに傷がなければまったくHIV感染の心配はありません。しかし傷があったなら、一応検査しておいたほうが良いでしょう。口内炎、歯肉炎、虫歯治療など口の中は傷があるのでここも気にしたほうが良いでしょう。

HIVは1日でも早い発見がその後の治療を左右します。すぐ自宅で検査を。

性病検査STDチェッカー タイプJ(男女共通) 4,968円
HIVのみ検査したい方向けの格安検査キット。男女共通で使えるため一番利用されています。他の性病はいいから今すぐHIVの検査を受けたいという方にお薦めです。

性病検査STDチェッカー タイプE(男性用) 9,936円
男性向けのHIVを含む代表的な性病5項目検査。
【尿検査】クラミジア、淋菌、
【血液検査】HIV(エイズ)、梅毒、B型肝炎

性病検査STDチェッカー タイプE(女性用) 9,936円
女性向けのHIVを含む代表的な性病5項目検査。
【膣分泌液】クラミジア、淋菌、
【血液検査】HIV(エイズ)、梅毒、B型肝炎。