HIV検査の実体験

HIV感染について

HIV感染による症状

HIVの検査

風俗とHIV感染

普通の性行為でHIV感染

性病とHIV感染

HIVノイローゼ

HIV陽性だった場合

デリヘルでHIVに感染する可能性

基本サービスの生フェラで感染の可能性が出る

デリヘルやホテヘルなどは基本的に本番なし、ということになっています。しかし基本的に生フェラがサービスとなっているため、ここからHIV感染する可能性があります。 感染する場合の原因としては、デリヘル嬢の場合は口内炎や傷など。ここから男性の分泌液に大量に混ざったHIVウイルスが侵入します。

男性の場合は、相手がHIVキャリアだった場合、唾液ではほとんど感染することはありませんがゼロではありません。また、相手が口内炎があったり傷がある場合はそこからHIVウイルスをもらってしまいます。亀頭などの粘膜は傷があればかなりHIVウイルスが侵入してしまいますが、傷がなくても侵入されるのが粘膜の特徴です。

ですから生フェラのサービスの時点で、相手がHIVキャリアだった場合はHIV感染する可能性があるということです。

素股で一気に感染確率は上がる

デリヘルでは基本的に本番行為はできないことになっています。そのときにするのが素股でしょう。生で粘膜を擦り付けるためこの時点でHIVウイルスが大量に含まれている膣分泌液もしくは精液や我慢汁が混ざり合います。

これによってHIV感染する可能性は十分にあります。素股だし挿入していないから大丈夫、という言い訳は通用しません。感染するときはするかしないかの50%、2択しかありません。

またデリヘル嬢のサービスが円盤などで挿入したとしたら、それがコンドーム着用であればまだよいですが生の場合はさらにHIV感染は高まります。特に中出しされるデリヘル嬢のほうがHIV感染確率が高いので注意してください。

デリヘル嬢本人もHIV感染に気をつけてほしい

もしデリヘル嬢をやっていて、生フェラのサービスはしないといけないけど、HIV感染はできるだけしたくない、確率をさげたいということであれば、口の中に傷があるときは仕事を休んでください。 また口内射精はさせないこと、さらにはさせても飲み込まないことです。精液に含まれるHIVウイルスが粘膜から侵入します。

また生フェラのあとは口をゆすいで清潔にすることによってある程度感染確率を下げることが可能だと言われていますが、接客中にはなかなかできないかもしれません。また、歯ブラシで毎日何回も口の中を磨いていたら、その途中で口の中を傷つけてしまう可能性があります。これにも気をつけてください。

もしデリヘルの仕事をしていてインフルエンザような症状が出た場合はHIV感染の可能性も否定できません。必ずHIV検査を受けて感染の有無をはっきりさせておきましょう。 

HIVは1日でも早い発見がその後の治療を左右します。すぐ自宅で検査を。

性病検査STDチェッカー タイプJ(男女共通) 4,968円
HIVのみ検査したい方向けの格安検査キット。男女共通で使えるため一番利用されています。他の性病はいいから今すぐHIVの検査を受けたいという方にお薦めです。

性病検査STDチェッカー タイプE(男性用) 9,936円
男性向けのHIVを含む代表的な性病5項目検査。
【尿検査】クラミジア、淋菌、
【血液検査】HIV(エイズ)、梅毒、B型肝炎

性病検査STDチェッカー タイプE(女性用) 9,936円
女性向けのHIVを含む代表的な性病5項目検査。
【膣分泌液】クラミジア、淋菌、
【血液検査】HIV(エイズ)、梅毒、B型肝炎。